環境(サッカースクール・チーム)の中で上に行こうともがくから上達できる

a0070_000072

 

 

サッカーチームやサッカースクール選びというものは重要です。

ここで前回書いたように「環境」だからです。

 

その中でも

 

サッカーチームという存在は「学校」

サッカースクールというのは「塾」

個人レッスンは「家庭教師」

 

という立ち位置にそれぞれわけることが出来ます。

 

そのため、チーム内で自分の立ち位置をもっと前にもっと上に進めたい。

その欲がないと「個人レッスンの意味は無い」といっても過言ではないのです。

 

そのために、どこにも所属していない場合は、またはサッカースクールのみに所属している

という場合には出来る限りチームへの所属を進めています。

 

個人レッスンは、勝たせるための方法を学ぶことで成り立つ最短上達方法です。

その方法を学ぶと「競技欲」が掻き立てられます。

試す場が無いと、定着したかどうかも確認できません。

 

サッカースクール以上の競技としての場の「チーム」への所属というものも上達には必要になってきます。

個人レッスンとチームの存在は

チームありきでの個人レッスンであり切っても切り離せないのです。

 

個人レッスンとはチームやスクール内で周りに追いつきたい

それを支え後押しするための

「サッカー版の家庭教師」

なのです。

 

だからこそサッカー家庭教師というわかりやすい名前なのですが・・・

 

最近は、過激なタイトルで誤解を招いている方もいないかと心配な

最近のこのブログですが

けして「チーム」「スクール」というものにアンチなわけではありません。

 

その辺は親御様がきっちりと安心してほしいと思います。

チーム指導の方法と個人レッスン指導ではコーチの役割が異なる

という点をしっかりと認識しやすいように書いているというのが本音です。

 

まずはご相談ください。

チームやスクールで少しでも周囲に追いつき追い越し差をつけたい方

メキメキ力をつけることができる個人レッスンはサッカー家庭教師です。

 

谷田部

短期集中上達レッスンの詳細はこちらのページから
代表谷田部の通常個人レッスン料金はこちら


image1

お問い合わせはコチラから

0120-115-412
45
>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。

 

 

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. アプローチの仕方も一人ひとり変える それが個人レッスン

  2. シュート力は、一番変わりやすい?シュートを強くする方法

  3. 個人レッスンをより有効にご活用頂くために

  4. 自分自身のよいところを伸ばし、いかに発揮させるかが重要

  5. そのセレクション対策はバレバレです

  6. 日本中のサッカーの”困った”を”本物”で解決したい