サッカーを表現するためには「色作り」から・・・

a0002_008174

サッカーとは、表現です。
グラウンド上で自分のアイデアを自由に表現しても良い

スクールやチームでは
グラウンドでの表現方法や表現の例やパターンを教えてくれることが主です。

サッカーの場合
絵画とは異なり、表現するための技術(ドリブルやキック)
というものは買うことができません。そして表現すらできません。

それでも
複数人で受講するサッカースクールやチームの場合
この表現するための技術があること前提で始まることが大半です。

それは正直、当サッカー家庭教師以外の個人レッスンを売りにしている会社にも言いえます。

なぜなら、チームや複数人の練習をそのまま個人レッスンに落とし込んでいるからです。


昔の住宅塗装屋さんやペンキ屋さんというの自分で塗るための「色作り」と「塗り方」から作業が始まりました。
そのため修業期間が長く求められました。

今では、多種多様なペンキの色が売られています。「色作り」が省けるのです。
だから昔以上に修業期間が短く、極端に言えば「塗り方」さえ覚えれば独立できるようになりました。

サッカーの場合、昔の塗装屋さんのように
ペンキという表現するための「色作り」ならぬ「技術(キックやドリブル)」を作ることが非常に重要です。

サッカー家庭教師では
そうした表現するための「技術作り」から行います。

ある意味そこが
他社との「大きな違い」
であり、強みでもあります。

だからこそ初心者やサッカーが下手な子にも強いのです。

表現するための「色作り」が出来れば
塗って表現に集中することが出来ます。

まずはご相談ください。

どこよりも有意義で濃い個人レッスンをお届けしています。

谷田部

短期集中上達レッスンの詳細はこちらのページから
代表谷田部の通常個人レッスン料金はこちら


image1

お問い合わせはコチラから

0120-115-412

>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

個人レッスンbefore→after事例集

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. 現時点の力を使い、レベルアップ。底上げしていく個人レッスン

  2. 一対一で勝つコツ (攻撃編)その2

  3. 夏休みの個人レッスン申し込み及び体験レッスンはお早めに

  4. 本気で短期間で上達したい方へ

  5. 「技術」とは「道具」。 「道具」を揃え「道具」の使い方を学べ

  6. 「感覚」と「センス」だけの選手が行き詰まる理由とは