伸び悩みの壁の壊し方 お任せください。

こんにちは
谷田部です。

今日は伸び悩みの壁の壊し方について書いていこうと思います。

近年サッカーを始める年代が
昔に比べかなり早い時期から始めるお子さんが増えています。

特に幼稚園や小学校の低学年からのお子さんの
伸び悩みについて今回は書いていこうと思います。

幼稚園や小学生低学年からの
お子さんの上達の伸び悩み

技術的には非常に高いレベルにあるのに
試合で活躍出来ない
出来なくなりつつある

そうしたお悩みは大変多く頂きます。

実際に会ってみると
技術レベルは本当に高い子が多いです。

しかしボールコントロールが上手くて通用するのは
それこそ小学生の低学年のうちだけです。

小学校3、4年生あたりからは
ボールコントロールの技術だけでは試合に出れなくなったりしてきます。

原因はいくつかありますが

特に大きな要因は
ボールタッチの練習ドリルだけをやりすぎてきた
ということ

そしてもう一つは
ボールタッチの練習ドリルの使い方を理解していない
ということの二点が主な原因です。

サッカーというのは点を取るスポーツです。

そこをボールタッチのドリルが目的になってしまうお子さんが非常に多いのです。

だからこそ
早めに対処すればするほど
改善は早くなります。

ボールタッチは上手い
でも相手を抜けない
シュートが入らない

というお悩みの方
まずはご相談ください。

いくつもスクールに行った
たくさんの指導者に教わった
それでもダメだったという方

お任せください。

シンプルに何とかする個人レッスンはサッカー家庭教師です。

谷田部


>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。

個人レッスンbefore→after事例集

日本全国オンラインレッスンで改善!

どんなことが改善できるのか?

関連記事

  1. 即効性のある個人レッスンはサッカー家庭教師だけ

  2. 正しいテーマと意識を持たせることで毎週毎週上手くなる

  3. 正しい努力を継続することでプロへの道も見えてくる

  4. 夏休みは中学生や高校生も増えています。

  5. 積み重ねるための土台からしっかりと教える個人レッスン

  6. 年末年始の業務体系