サッカーとは自己表現-セレションで何をどのように表現すべきなのか

a0790_001242

こんにちは
谷田部です。

セレクションも
Jの下部組織なども二次や三次の合格者や開催日発表がどんどんとされています。

内部選考や内定組以外では熾烈な戦いが今なお続いています。

さて今回は
「セレクションで一体何を見られているのか」
について書いていこうかと思います。

そもそもサッカーとは
自分の技術を用いて絵を描くような作業です。

というとちんぷんかんぷんの方もいらっしゃるかもしれません。

要するに
自分がどんなサッカーをしたくてどんなサッカーをできるのかを表現する

そして
1.自分のサッカーを表現するためにどんな工夫をすることができるのか
2.与えらた課題を自分ならどのような表現で答えるのか

ということをセレクションの場では求められます。

ただ上手くてもだめな理由はこうした部分にあります。

チームを勝利に導くために
自分の力を用いてどのように発揮できるのか

強い相手が現れた時、どのように今ある武器で戦い攻略して見せるのか

と置き換えていけばもう少しわかりやすくなるかもしれません。

ただ上手い子は唸るようにいます。
その中でセレクションで力を発揮できないというのは
与えられた味方という初めての環境で自分の力を発揮するための準備段階が不足している

慣れた場所だけで発揮できるのではダメなのです。

自分の力の発揮の仕方すらもセレクションでは求められている
そう考えてください。

セレクションでは

サッカーの根本的な理解とチーム戦術理解、個人戦術の理解
の上で自分の力を与えられた環境の中でどのように発揮し、チームの勝利に貢献できるのか

これら全てを見られていると思ってください。

意外と技術は上手くても
個人戦術理解の不足とチーム戦術理解の不足をしている子が大変に多いです。

個人レッスンの中ではそうした
個人戦術理解とチーム戦術理解やサッカーの根本的な理解
そして力を発揮するために
どのようにしたらいつもの自分を取り戻せるのか。
という小技の数々を指導しています。

個人戦術とチーム戦術の理解は
初めてプレイする相手とは特に重要になります

どの程度のチームでやっていたのかは
この理解と動き方だけですぐにわかってしまいます。

だからこそ、戦術を理解し表現していく
ということもセレクション攻略のためには必要になってきます。

Jの下部組織だけでなくクラブチームのセレクションは
これからが本番です。

戦術理解をまともにしていない方が教えている個人レッスンの方が大変に多いです。

もうひとつブラッシュアップしてセレクションに臨んでください。
まずはご相談からどうぞ

谷田部

短期集中上達レッスンの詳細はこちらのページから
代表谷田部の通常個人レッスン料金はこちら


image1

お問い合わせはコチラから

0120-115-412

>>「サッカーコーチ・技術」ランキングに参加しています。



お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

ブログ購読はこちらから

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「購読」ボタンで登録完了です。

関連記事

  1. 監督やコーチの言うことを100%聞く選手はダメ

  2. サッカーを”好き”でやっている子とサッカーが”居場所”の子が存在する。”居場所”であってもかまわない

  3. 真面目で理解力のある子ほど「スペインサッカーのスクール」は危険

  4. 良い自主練、質の高い自主練で上手くなる

  5. 途中でチームをやめた子は”セレクション”に受からないのか?

  6. 中途で入ったチームで中々追いつけないお子さんを持った親御さんへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,813人の購読者に加わりましょう

プロフィール

tel

MENU

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,813人の購読者に加わりましょう