ボールのない時の位置取り(オフザボール/ポジショニング)について

a0006_002491

ボールがない時の位置取り

サッカーは11人対11人で行います。
最近小学生では8人対8人も行いますが

ボールは一つなので20人近くの人間が常にボールのない状態です。

ゲーム中のほとんどがボールがない状態とも言えます。

だからこそボールのない時の位置取りをスムーズにできるようになれば
よりサッカーが上手になりよりたくさんボールをもらえるようになります。

ボールを持った人の視野に入ろう

サッカーを始めるとボールをもらうためにどこにいていいかわからなくてウロウロしてしまう。
ということが多々あります。

まず最初に考えることは
ボールを持った人が見える範囲に入りましょう。

見える範囲にいないとボールを持った人もパスが難しく
出したくても出せなくなります。

ボールを両手で投げた時に届きやすい距離に入ろう

パスをもらいたいばかりに近すぎたり
フリーだからと言って遠くにいすぎると

1

2


お問合せの前には必ず レッスン料金/体験料金/短期集中指導料金/公式サイト/のご確認をお願い致します。
button_001

関連記事

  1. 年々前倒ししていく感が否めないサッカー界(小学校低学年・幼稚園児も受講受付開始!)

  2. ポジショニングとオフザボールに重きを置いたゲーム会

  3. 足技が上手い。狭い所でパスを回せる。では、セレクションは受かりません。

  4. セレクションでは子供だけでなく、親御さんも見られているという事実。【本当は書きたくない話】

  5. ボールが無い時の動き方。タイミング、パスの受け方などオフザボールのお悩みお任せください。

  6. 何年もかかって気づけるような「経験」や「感覚」を 一気に体感してもらう個人レッスン

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,784人の購読者に加わりましょう

オフィシャルサプライヤー

プロフィール

tel

LINEで更新情報を受け取れます。

友だち追加数